2016年09月23日

風門を封鎖しろ!

なんとなく、カゼひきそう。。
ここ最近お天気も悪く、寒い日が続いてますね。

image-d64e7.jpeg

体がスースーして嫌な感じ。。
来たな、、風邪(ふうじゃ)。

漢方ではカゼを風邪ふうじゃと呼びます。
自然環境や気候など、外から体に入り
症状や病気を引き起こすものを六淫(りくいん)の邪気と言います。
風邪以外に、寒邪、熱邪、湿邪、燥邪、暑邪があります。

ゾクゾクっと寒気がしたり、皮膚表面がスースーするときは、
風寒邪のしわざ。(六淫の邪気は合体します)
こんな時は、風邪の侵入ルートである風門穴を閉じるべし!

image-1958b.jpeg

image-8102c.jpeg

風門穴の場所は、首の下、肩甲骨の内側。
背骨を挟んだ両サイドにあるツボ。
↑ちょうど赤くなってる辺り。

久々に、主人に温灸棒をしてもらいました!
ドライヤーで温めても良いんですよ。
いっきにスースー感が消えます。

風邪は時間勝負。
葛根湯が家に無くて、以前中国で買った
「風寒感冒顆粒」と言うピッタリの漢方薬があったので
お湯で溶かして服用。

image-747aa.jpeg

これでたっぷり寝れば、風寒邪を撃退出来るはず。

風門温め+葛根湯、オススメです!



posted by 香里 at 23:03| 漢方・中医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。