2016年07月15日

漢方・中医学の本を買うなら

本の街で有名な「神保町」。
私も大好きでよく行きます。
特に、新しいセミナーが決まると、その類書を探しに訪れるのですが、
結果、全然違う本を買って帰ることもしばしば。
古書、新書、そして中国からの輸入本、
とりあえず神保町に行けば、何かしら気に入るものに出会えます
(神保町古書マップ↓)
image-4dce0.jpeg


以下、おすすめ書店。

☆「東方書店」
漢方や薬膳、中医学に興味がある方から、既に学んでいる方まで
楽しめる書店。見やすい陳列で、選びやすい!
中文書も取り扱いがあり、一階は中国語の教材が並ぶ。
image-5f161.jpeg

☆「明倫館書店」
古書専門。自然科学系の本を取り扱っている。
江戸期に活躍した漢方医たちの本などもある。
研究したい方向け。
image-e3635.jpeg

☆「亜東書店」
神保町からは少し離れる。神田駅や小川町駅の方が近そう。
中国からの輸入本が多数。一言でいえばマニアック。
私が大好きな書店です。
もちろん日本語の、漢方や鍼灸、中医学の専門書もある。
image-b1834.jpeg


古文書で有名な大屋書房は骨董レベル。
貝原益軒の大和本草なんかは、数十万〜百万円代。
その一方で、三省堂本店ではピカピカの新書がズラリ。

神保町は日本の宝ですね

お気に入りの本を見つけたい方にはおすすめです!



posted by 香里 at 17:44| 漢方・中医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。