2016年06月13日

なつめ・なつめ・なつめ!

ここ最近、いろいろな方から「なつめ」を頂きました。
なつめは、スープや煮物の出汁にしたり、お茶やドリンクによく使っているのですが、
実はなつめが苦手な私。特にお粥になつめを入れる・・とか、無理なのです。
そんな私でも「んんっ!美味しいぞ」と思ったのがこちら。
image-2ad76.jpeg

なつめ餅。
元生徒さんの荒井ナホコさんから頂きました。
ナホコさんは先日、新開ミヤ子先生の韓国薬膳ツアーに参加されたようで
そのお土産に頂きました。
保存料一切使用していない、というだけあって、
甘さがしつこくなく美味しい!
薔薇に見たてたなつめがカワイイですね。
パッケージはこちら↓
私、ハングルは読めないので、何というお店かわかりません。。
気になる方は、ナホコさんかミヤ子さんのブログをご覧下さいね。
image-5ffa4.jpeg



ミヤ子さんからも韓国で買ったなつめを頂きました。
お茶にして飲んだのですが、甘みが強っかたので、
和の煮物にピッタリ合いそうです。お砂糖も減らせそう!
image-5d8ff.jpeg



そして、初級コースの生徒さんから頂いたカリカリなつめ。(←勝手に呼んでる)
こちらも美味しく頂いています!
ナッツバーにしようかな〜と思案中。
image-02d9f.jpeg


みなさん、どうもありがとうございました〜!

【なつめ(大棗)の働き】
なつめは、気血を補うので、疲れや胃腸虚弱、食欲不振に良い他、
精神を安定させる働きがあります。
よく赤ちゃんの夜泣きや子供の疳の虫に使用される、
“甘麦大棗湯カンバクタイソウトウ”にも入っています。
電車でぎゃん泣きしている子を見ると、いつも
「あ〜。飲ませてあげたいな〜」と思い出す処方。

また、なつめは、強い生薬の働きを緩和させることから
多くの漢方薬にも配合されています。



posted by 香里 at 15:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。