2016年05月23日

おいしくないけど、飲まなく茶!

風邪をこじらせて気管支喘息中の私。
夜、特に寝るときに咳が悪化する。
漢方でいう『陰虚』ですね。
肺に余分な熱がこもって、潤い不足の状態。
こんな時はコレだな↓

image-fadc5.jpeg


左上 白木耳(白キクラゲ)・・・滋補生津、潤肺(平性)
中上 石斛(セッコク)・・・・・滋陰清熱、潤肺益腎(微寒性)
右上 胖大海(ハンダイカイ)・・清宣肺気(寒性)
下 枸杞(クコ)・・・・・・・滋補肝腎、潤肺(平性)

潤いをつける白木耳と枸杞のコンビは薬膳の定番。
胖大海は、のどの痛みを和らげ声の出をよくすることから、
講師業には欠かせません!味は無。
石斛は先月上海で買ってきたもの。これは高いんですよ。
漢方薬では使われず、お茶で飲むのが一般的。
ラン科の植物の茎をくるりとひねった形状。
味はまずい。えぐみがキツくて山菜のよう。

熱湯を注いでしばらくすると、
image-4a2c8.jpeg

胖大海の殻が割れて、中からヌルヌルの線維質がモワッと出てきます。
タワシのような藻のような。
もとの形状を感じさせない大変身が見られます。
image-516d2.jpeg

身体を治すための養生として、
おいしくなくても飲まなく茶〜( ´ ▽ ` )ノ










posted by 香里 at 10:54| 薬膳・茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。